【NBA】クリプト・ドットコム・アリーナでレイカーズの試合を観戦した体験談

カツキ

私は仕事で約半年間、アメリカに長期出張することになりました。

その間に、私の大好きなNBAの試合を15試合観戦する予定です。

私は英語が話せないので、仕事でもプライベートでも常にアメリカ人の通訳さんが常に一緒に行動してくれています。

カツキ

この記事では、アメリカでNBAの試合が行われるアリーナの特徴や、実際に行った人にしかわからない様子、アクセス方法などをご紹介していきます。

クリプト・ドットコム・アリーナへのアクセス方法

クリプト・ドットコム・アリーナ(旧称ステイプルズ・センター)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに位置しており、NBAのロサンゼルス・レイカーズやロサンゼルス・クリッパーズ、NHLのロサンゼルス・キングスのホームアリーナとして知られています。

以下に、アクセス方法を紹介します。

公共交通機関

  • メトロレール: クリプト・ドットコム・アリーナには、ロサンゼルスの地下鉄であるメトロレールが便利です。ブルーラインとエキスポラインは、Pico駅で停車します。Pico駅からアリーナまでは徒歩でわずか数分です。
  • メトロバス: ロサンゼルスのメトロバスシステムもアリーナへのアクセスに利用できます。多数のバス路線がアリーナの近くを通っており、ロサンゼルス各地からのアクセスが可能です。

  • 住所: クリプト・ドットコム・アリーナの正式な住所は、1111 S Figueroa St, Los Angeles, CA 90015, USAです。GPSや地図アプリを利用してアクセスする場合は、この住所を目的地として設定してください。
  • 駐車場: アリーナ周辺には複数の公式駐車場がありますが、イベントによっては混雑するため、事前にオンラインで駐車場を予約することをお勧めします。

自転車

  • 自転車: アリーナ周辺には自転車用の駐輪場が設置されています。ロサンゼルス市内では自転車を利用する人も多く、アリーナへのアクセス手段として自転車を選択することも可能です。

注意点

  • イベントの開催日には、公共交通機関や周辺の道路が非常に混雑します。余裕を持って出発し、可能であれば公共交通機関を利用することをお勧めします。
  • 最新の交通情報やイベントスケジュールについては、クリプト・ドットコム・アリーナの公式ウェブサイトやロサンゼルスの交通局のウェブサイトを事前に確認してください。

クリプト・ドットコム・アリーナへは、ロサンゼルス市内からのアクセスが比較的容易で、公共交通機関を利用することでスムーズに到着することが可能です。

カツキ

今回、私たちはメトロレールを使って移動したので、予定していた時間どうりに動くことができましたが、メトロレールはかなり混雑しており、東京の満員電車と同じくらいでした。

クリプト・ドットコム・アリーナの詳細情報

クリプト・ドットコム・アリーナ(旧称ステイプルズ・センター)は、ロサンゼルスのダウンタウンに位置する多目的アリーナで、スポーツイベント、コンサート、その他様々な催し物が開催されます。

以下に、クリプト・ドットコム・アリーナの詳細情報を紹介します。

基本情報

  • 所在地: 1111 S Figueroa St, Los Angeles, CA 90015, USA
  • 開業: 1999年10月17日
  • 命名権: 2021年にクリプト通貨プラットフォームのCrypto.comが命名権を取得し、ステイプルズ・センターからクリプト・ドットコム・アリーナへと名称が変更されました。

主なホームチーム

  • ロサンゼルス・レイカーズ(NBA)
  • ロサンゼルス・クリッパーズ(NBA)
  • ロサンゼルス・キングス(NHL)
  • ロサンゼルス・スパークス(WNBA)

施設情報

  • 座席数: 約20,000席。イベントによって変動する場合があります。
  • 設備: 最先端の照明システム、大型ビデオスクリーン、豊富な飲食店、VIPエリア、プライベートスイートなどが完備されています。
  • アクセシビリティ: 車椅子ユーザー向けの座席、聴覚障害者用の支援サービスなど、様々なニーズに対応した設備があります。

イベント

クリプト・ドットコム・アリーナでは、NBAやNHLの試合のほか、国際的なコンサートやアワードショー、ファミリーイベントなど、年間を通じて多岐にわたるイベントが開催されます。

これらのイベントは、ロサンゼルスのエンターテイメントと文化の中心地としての地位を確固たるものにしています。

その他の情報

クリプト・ドットコム・アリーナは、ロサンゼルス・コンベンションセンターやL.A.ライブといった複数のエンターテイメント施設と隣接しており、ロサンゼルスでのエンターテイメント体験を一層豊かにしています。

また、アリーナ内外でのサステナビリティへの取り組みも積極的に行われています。

計画と建設

  • 開発の始まり: 1990年代半ば、ロサンゼルス市とロサンゼルス・レイカーズ、ロサンゼルス・キングス、そしてロサンゼルス・クリッパーズの各チームは、新しいアリーナの建設に向けて協力し始めました。このプロジェクトの目的は、これらのチームに最先端の施設を提供し、ロサンゼルスのダウンタウン地区の再活性化を促進することでした。
  • 建設: ステイプルズ・センターの建設は1998年に始まり、1999年に完成しました。建設コストは約3億7500万ドルと推定されています。

開業と運用

  • 開業: ステイプルズ・センターは1999年10月17日に開業しました。開業以来、NBA、NHL、WNBAの試合のほか、グラミー賞授賞式、コンサート、政治集会など、幅広いイベントが開催されています。
  • チーム: ロサンゼルス・レイカーズ(NBA)、ロサンゼルス・クリッパーズ(NBA)、ロサンゼルス・キングス(NHL)、およびロサンゼルス・スパークス(WNBA)がホームアリーナとして使用しています。

名称変更

  • スポンサーシップ: アリーナの名称は、開業当初からオフィス用品販売会社のステイプルズが命名権を持っていましたが、2021年に暗号通貨プラットフォームのCrypto.comが命名権を取得し、アリーナの名称は「クリプト・ドットコム・アリーナ」に変更されました。

主なイベント

  • スポーツ: ロサンゼルス・レイカーズのNBAチャンピオンシップ、ロサンゼルス・キングスのスタンレーカップ優勝など、多くの歴史的なスポーツイベントがここで行われています。
  • コンサート: テイラー・スウィフト、ビヨンセ、ブルーノ・マーズなど、世界的に有名なアーティストがパフォーマンスを行っています。
  • その他のイベント: グラミー賞授賞式やマイケル・ジャクソンの追悼式など、文化的および社会的に重要なイベントが開催されています。

クリプト・ドットコム・アリーナは、ロサンゼルスのダウンタウンにおけるエンターテインメントの中心地として、また世界的に有名なイベントの開催地として、その地位を確立しています。

クリプト・ドットコム・アリーナで私が座った座席について

クリプト・ドットコム・アリーナで私が見た試合は、ロサンゼルス・レイカーズの試合でした。

ロサンゼルス・レイカーズは、NBAの中でも最も人気の高いチームで、毎試合満員になるほどの人気チームの為、なかなかチケットを取るのが難しいようです。

なんとか、空いてる席のチケットを確保できましたが、コート真横の3階席でした。

ほぼ最後方の座席で、座席の価格は一人当たり、105ドル(日本円で約15000円)ほどでした。

やはり3階席なので、コートまではかなり遠く感じ、選手のプレーの迫力などは少し物足りない場所でした。

コートで行われている選手のプレーは遠く感じましたが、さすがNBAで最も人気のチームだけあって、3階席でも満席で、遠く離れた座席ではあるのに、観客は大盛り上がりで、まるで人気アーティストのライブを観戦しているかのような雰囲気で終始、熱気に包まれていました。

クリプト・ドットコム・アリーナで私が見た試合の感想

私がクリプト・ドットコム・アリーナで見た試合は、ロサンゼルス・レイカーズVS ミルウォーキー・バッスクの試合でした。

ロサンゼルス・レイカーズにはNBAのキングとも呼ばれているレブロン・ジェームズアンソニー・デイビスが所属しています。

そして日本人NBAプレーヤーの八村塁選手もロサンゼルス・レイカーズに所属しています。

また、ミルウォーキー・バックスにはヤニス・アデトクンボが所属しています。

試合は、レブロン・ジェームズを中心にオフェンスが構成されており、ミルウォーキ・バッスクもヤニス・アデトクンボがレブロン・ジェームズを徹底マークして来ます。

ロサンゼルス・レイカーズはレブロン・ジェームズが点を取りに行き、リバウンドをアンソニー・デイビスが取って得点を取っていくスタイル。

ミルウォーキー・バックスは、ヤニス・アデトクンボがほぼ一人で得点を重ねていくような試合でした。

八村塁選手も出場時間は少なかったですが、途中出場してスリーポイントシュートを決めました。

同じ日本人がNBAのコートに立ってレブロン・ジェームズなどと一緒にプレーしている姿を見ると、なんだか胸が熱くなりました。

クリプト・ドットコム・アリーナに実際に行ってみた体験談

クリプト・ドットコム・アリーナはかつてはステイプルズセンターとしてNBAファンに親しまれてきました。

クリプト・ドットコム・アリーナ周辺にはかつての名プレイヤーの銅像が立ち並んでいます。

これはもちろんNBAだけではなくNFLなどの選手の銅像も立ち並んでいるのです。

ロサンゼルス・レイカーズはNBAの中でも最も人気の高いチームの為、試合前のクリプト・ドットコム・センター周辺はかなりの人で賑わっていました。

試合をみる人だけではなく、アリーナ周辺を散策する人も数多くいらっしゃいました。

クリプト・ドットコム・アリーナは1999年開業であることや、ホームアリーナとして使用しているチームが、4チームあることから少し年季の入った印象でした。

クリプト・ドットコム・アリーナは他のアリーナと比べてフードコートがかなり充実していて、かなり豊富なフードショップがあります。

また、驚いたことに日本語で表記されているフードショップもあり、やはりロサンゼルスは日本人も多く来場しているものだと感じました。

確かにアリーナやアリーナ周辺には、日本人のような方も多くいらっしゃいました。

恐らく夫婦であろう人たちで、ロサンゼルスに夫婦で移住した日本人なのではないかと思います。

このように、クリプト・ドットコム・アリーナはロサンゼルスにある為、日本人も多く日本語表記の場所もある為、英語がわからなくても、NBAの試合が楽しめるアリーナになっています。